HOME >Overseas>実際に検証してみた!!タイとマレーシアではどれくらい物価の違いがあるのか?

実際に検証してみた!!タイとマレーシアではどれくらい物価の違いがあるのか?

2017/03/10 | Overseas

aircraft-1868097_960_720

 

皆さんは、東南アジアへ訪れたことはありますか?
距離も近く、物価が安いので学生の時に行ったことがあるという方が多いのではないでしょうか。

私は東南アジアが大好きで、タイ・マレーシア・カンボジアへ最近、行ってきました。

では、「東南アジア」といえば何を思い浮かべますか?
冒頭で挙げたような“物価が安い”の他に、“エスニックな街並み”、“リゾートビーチ”、“屋台や市場”などでしょうか。
私も、訪れるまではそんな漠然としたイメージでした。

しかし、実際訪れてみると高層ビルにショッピングモール、高級ホテルや巨大なモニュメントなどがそびえ立ち、経済がものすごい勢いで成長していると感じました。

マレーシア クアラルンプール

クアラルンプール

くあ2

タイ バンコク

tai

tai2

 

この画像のとおり、夜景もしっかり綺麗なんです。これを見て、東南アジアへ行ってみてもいいかな、と少しでも思ってもらえましたか?

タイとマレーシアの物価の違いを体感

まず、気になるのが物価です。
私の目線、実感値からでは、マレーシアよりもタイの方が物価が安いと感じました。
その例として、タイパンツの値段の違いが印象的でした。

tai3

 

これを着ていて過ごすと、すごく楽チンなんです。タイで買ってから、飛行機では必ず履いて愛用しています。(笑)

話が逸れましたが、タイでこれが日本円で300円ほどで購入できました。
Tシャツも同じように高くても600円ほどで購入できました。

マレーシアでもこのタイパンツは売っていました。
違うデザインがあったので購入しようと値段を見ると、、
約1500円!!

高いじゃないですか!

さらには3000円で売っているところもあり、1500円が良心的だと感じるほどでした。
タイの値段を知っていたので、さすがに買えない。タイパンツだけでなく、靴、食事、化粧品などの値段もタイの方が断然安かったです。

 

一般的に、経済力のない国ほど安く買えるというイメージがありますが、タイはシンガポールに次ぐ経済力を誇ります。

経済力出典:http://kaigaisyusyoku.com/?page_id=2852#prettyPhoto

物価の安さの理由

では、どうしてこんなにタイは物価が安いのか。

その理由として、
タイは人口が7000万人弱。
マレーシアは3000万人ほど。

よってタイでは安く人を雇えます。

また、タイは物流の拠点です。
東南アジアの真ん中に位置し、交通網も発展しているため、ベトナムやミャンマー、日本の企業からも様々な人、モノが集まってくるので物流コストが安くなります。

そのため、タイは物価が安くなるのです。

 

タイ、マレーシアと連続で行きましたが、マレーシアの方が安かったモノはなかったように思います。
タイでは香水や化粧品、お菓子など、お恥ずかしながら「爆買い」と言えるほど買い物をした私でしたが、マレーシアでは買い物があまり進まなかったのは事実です。(笑)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
仲野 和葉

仲野 和葉

同志社女子大学 薬学部3回生 「なんとかなる」をモットーに毎日ポジティブに生きる薬学生。 暇な日を作らない精神でストイックに生きています。 昔のあだ名はインドカレー。