HOME >Domestic>【女子大生が考える】飲酒運転を撲滅するためには死刑しかないのか!?

【女子大生が考える】飲酒運転を撲滅するためには死刑しかないのか!?

2017/03/06 | Domestic, Questionnaire

01

最近、ニュース番組などを見ていてやたら目につくことがあります。

それは・・・最近は特に、飲酒運転による事故が大変増えたなと感じます。
「同じニュースの繰り返しか?」と見間違うほど、次々と飲酒運転による事故が起こっていますよね。

そもそもの話ですが、運転免許を持っている人間は、
『お酒を飲んだら運転してはいけない』
ということを知らないはずがありません。

ということは、そのルールを知った上で、死亡事故や重症を負わせるリスクがあることも承知で運転しているということになります。
この時点で、万が一死亡事故を起こした場合、「意図的な殺人」と言っても過言ではないでしょう。
人を殺すつもりはなかったとしても、殺す可能性の大きさを認めていたのですから。

このことから考えても、飲酒運転による事故は、運転操作を誤ってしまったなどの交通事故などに比べれば、自らの意思によって防ぐことが100%可能だと思うのです。

02

私は、こんなふうに考えました。
『飲酒運転による事故を起こした場合は即刻死刑』という法律があれば飲酒運転による交通事故は絶滅するのではないのか。

一見、過激すぎるかも知れません。
しかし考えてもみてください。
お酒を飲んだら運転しなければいいのです。

簡単な話だと思いませんか?
そこで私が思いついた、『飲酒運転による事故を起こした場合は即刻死刑』という制度についてどう思うかを、自分の周りの女子大生20人にアンケートを取りました。

結果は、賛成派が17人反対派が3人と賛成派が大多数を占めましたが、なぜそう考えたのか理由を聞いてみましょう。

理由

反対意見

(反対派1)
死刑は、裁判よりもお金がかかると聞いたことがある!
しかも、他の受刑者と違って死刑囚は刑務所の中で働かなくていいから仕事もやらないし、飲酒運転で死刑にしていたら死刑囚が増えすぎて税金がかなり使われてしまうと思う!

(反対派2)
わたしの知り合いのお母さんが飲酒運転で人を死なせてしまったことがありました。その人の家庭は、子供3人をかかえて、お父さんの体が不自由だったためお母さんは常にストレスを感じ、アルコール中毒のような状態だったみたいです。そのような状況の人が飲酒運転をしてしまうケースもあるから、精神面を考慮して死刑まではしなくてもいいと思いました!

(反対派3)
罪を背負って生きる姿を世の中の人に見せたほうが飲酒運転予防になるのではないか。

(反対派4)
死刑になるんだったらということで自暴自棄になって、半分自殺するような気持ちで飲酒運転する人が出てきそう!

(反対派5)
死刑制度を利用したいじめが出てきそう!いじめられっ子がお酒を飲まされて運転させられるのでは!?

賛成意見

(賛成派1)
飲酒運転による死亡事故起こすと7年くらいの懲役しかないらしい!これは刑が軽すぎるような気がする。

(賛成派2)
7年はぬるすぎる!必ず死刑とまではいかなくても免許永久剥奪くらいがいい気がします!

 

03

反対派と賛成派から様々な意見が出ましたが、まぁどれも頷けるものばかり。
私としては断然、賛成派でしたが、(反対派2)のような意見を聴くと死刑にするのも可哀想なケースもあるのかと考えさせられたのも事実。

また他には、「車が飲酒した人を感知してエンジンがつかないようになれば良いのに」という声もありました!
AIの技術革新に期待したいところです。

世の中を良くするためには、法案を見直すだけではなく、企業や技術と協力していくのも大事だと気づかされた女子大生座談会なのでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.

ちひろ

決して近くはないのに平均週3くらいのペースで渋谷に行ってしまう女子大生。 政治を知るというより前に、「政治をどういじるか」という事に必死な学生ライターです。 憧れのコラムニスト、ライターの方々のような スクロールする指が止まらない記事が書けるよう、日々精進しています。