HOME >Overseas>「ちょっと待った!」女子大生がトランプ大統領にツッコミまくる!

「ちょっと待った!」女子大生がトランプ大統領にツッコミまくる!

2017/02/23 | Overseas, Trend

lgf01a201303151000 2

トランプ米大統領に関する記事は今までもたくさん書いてきましたが、ここへきて1つ気づいたことがあります。

やっぱりツッコミどころがありすぎる。

 

ツッコミどころ その①

移民差別発言・入国禁止令

3

イスラム教徒は全員危険だの白人が1番エライだの言っていましたが、最近になってついに動き出し、入国禁止の大統領令を出したことによってメディアや移民、アメリカへ旅行を予定していた人たちからも一斉に叩かれていますよね。現在は米連邦地裁による大統領令の一時差し止めによって、入国が許可されているため、入国禁止令によって家族とバラバラになってしまった人たちが空港で再会を喜ぶ様子が報道されています。

これに関してもツッコミどころしかないのです!

ちょっと待てよ、と。

「あなたの奥さん白人じゃないよね?」
調べたところによると、トランプ米大統領の奥さんである、メラニア夫人は、スロベニア出身だそう。現在はアメリカ国籍を取得していますが、そうは言っても元々は外国人。そもそもスロベニア、公用語も英語ではありません。そんな奥さんをもっているにも関わらず、白人至上主義で移民差別に入国禁止令。

筆者の感覚から言うと「奥さんの家族に合わせる顔あるのか?」と思ってしまいます(笑)
 

ツッコミどころ その②

電話会談ブチ切り

4

以前、トランプ米大統領はオーストラリアのターンブル首相と電話会談した際に突然怒り出して、電話をブチ切りしたという報道がありましたよね。報道によると、難民問題について討論していたということですが、よほどオーストラリアからの難民をアメリカに入れたくなかったのでしょうか。

 
いや、ちょっと待てよ(2回目)・・・

「いやそもそも大統領の前に、政治家の仕事って一般の人たちの代表として話し合うことだよな?!」

そうです。電話会談ブチ切りということは、仕事を放棄したことと変わりはありません。大統領の大きな仕事である、他国の大統領と話し合うという仕事を思い通りにならないからといって感情的になることは大統領らしからぬ行為であり、なにより相手国に失礼にあたります。

思わず、子供か!とツッコミたくなってしまいますね。
 

ツッコミどころ その③

夫婦関係について

4

大統領戦の時に話はさかのぼりますが、こんな発言がありました。

「ヒラリー氏は夫を満足させられていないのにアメリカを満足させられるのか」

おい、ちょっと待てよ(3回目)!!

トランプ米大統領の現在の奥さんである、メラニア夫人は3番目の妻。

「人のこと馬鹿にしといて、あんたバツ2かよ」

 

歴代のアメリカ大統領でも、離婚歴が複数あるのはトランプ大統領だけ。
ヒラリー氏に対してよくそんなことが言えたものです。
自分を棚にあげて発言することに関しては天下一品のトランプ氏なのでした。

―― そんなツッコミを入れつつも筆者は、不謹慎ながら大変イジリ甲斐があるためにトランプ氏のツッコミどころある発言を今後も期待しています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.

ちひろ

決して近くはないのに平均週3くらいのペースで渋谷に行ってしまう女子大生。 政治を知るというより前に、「政治をどういじるか」という事に必死な学生ライターです。 憧れのコラムニスト、ライターの方々のような スクロールする指が止まらない記事が書けるよう、日々精進しています。