HOME >Overseas>ハイテク!レジなしコンビニ「Amazon Go」

ハイテク!レジなしコンビニ「Amazon Go」

2017/02/20 | Overseas, Trend

amazon

出典: https://retail-news.net/2016/12/

昨年2016年に「Pokemon GO」というゲームが流行しましたよね。日本に先駆け海外で大ヒットし、日本でも大ブームとなりました。
「私もこのゲームやったよ!」という人も多くいるのではないでしょうか?

さて、2017年を迎えた現在、新たに「Amazon Go」というサービスが展開されようとしているのをみなさんはご存知ですか?

Amazon goってなに?

Amazon Goはネット通販最大手Amazonが展開すると発表した人工知能(AI)を駆使した最先端のコンビニのこと。

ただ、このコンビニには、レジがないんです

利用者は入店時にお店のアプリを起動してバーコードをスキャンして買い物を始めます。買い物は商品を自分のバッグにそのまま入れていくだけ。商品バーコードをスキャンする必要も、レジに並んで会計する必要も、アプリ上で決済する必要もないんです。なんとも不思議なコンビニですが、どのような仕組みになっているのでしょう?

a6cdad002ffb7240673091f1a26bb19c_s

 

どんな仕組みなの?

お店に入るとお客さんは店内で「バーチャルカート」を持っているような状態になります。商品を手に取ると自動的にカートに入ることになり、また商品を棚に戻すとその商品はカートから削除されることになります。

Amazonはこれを「Just Walk Out Technology」と表現しています。

その名の通り、商品を持ったまま店を立ち去る(ウォークアウト)だけ、なのですね!購入した商品はスマートフォンのアプリを通じて記録され、それぞれのアカウントに請求される仕組みとなっています。

744ba4c6f19269bbdfd9ec1c9fc7a2e2_s

なぜ、このような Just Walk Out が可能なのでしょう?

それは、店内にあらゆるセンサーが設置されているから!まずカメラなどのセンサーで入店者を特定します。またカメラだけでなくマイクも多数設置されており、詳しい位置を音から特定するようです。

これらのセンサーによって商品のパッケージや利用者の手を認識し、どの利用者がどのような商品を手に取ったのか、戻したのかを判別するのです。また、利用者がどのような人物で、どの時間帯に、何を手に取ったのか、という詳しい購買行動の情報も手に入ることになります。

どんなメリットがあるの?

コストが削減できる

レジなし、ということでレジを打つスタッフの人件費を削減することができます。機材の導入費は多少高額になることが予想されますが、スタッフを雇って毎月給料を支払うことを考慮するとこちらの方がコストは低く済みます。

気軽に素早く買い物ができる

朝の通勤前、通学前にコンビニに寄ったらレジ待ちの列で時間を取られてしまった!!という経験をした人も多くいるのでは?Amazon Goではレジがないためそのような問題も解決され、素早く買い物を済ませることができます。

amazon-go-sells-prepared-foods-and-other-grocery-staples 2
出典:http://www.seattlemag.com/introducing-amazon-go

Amazonは現在、アメリカ ワシントン州シアトルにある店舗で、Amazon従業員向けにAmazon Goをテスト中なのだそう。2017年前半には一般向けに開放する予定です。

アメリカでは1月にトランプ大統領が新しく就任しましたが、トランプ大統領はアメリカ人の雇用拡大を掲げています。このAmazon Goではレジのスタッフの雇用が削減されますが、これをトランプ大統領はどのように思っているのでしょうか。

今後、Amazon Goが本格的に店舗を展開していくのか楽しみですね!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

いま押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすく、セミヂカらしく。政治を身近に感じてもらえるように発信していきます!