HOME >Domestic>「18歳選挙」啓蒙PR展開が異常に素晴らしかった件。

「18歳選挙」啓蒙PR展開が異常に素晴らしかった件。

2017/02/08 | Domestic

選挙

 

選挙年齢が

18歳

に引き下げられて行われた昨年度の参議院選挙。
(投票日:2016年7月10日(日))

「18歳・19歳」の投票率についてご存知でしょうか?
特に「18歳」の投票率と展開されたPR活動について解説します!

18歳・19歳の投票率結果

結論から先に、端的に示させていただくと、
●18歳の投票率は

51.1%

 

これと比較して、1歳上の
●19歳の投票率は

39.6%

という結果でした。

 

ところで、多くの報道では、
18歳・19歳の投票率は低かった」と言われていました。

ただ私個人としては、
現実的にもっと低いと思っていたので、この実際の結果は

「すごい」

と感じました。

 

 

報道の中では、全世代よりも投票率が低かったという見出しが多くあったのですが、冷静に考えると全世代より18歳の投票率が高かったら、それはそれは問題だと思う訳です(笑)

※参考
年代別投票率参考データ

20代 32.58%

30代 43.78%

40代 51.66%

50代 61.77%

60代 67.56%

70代以上 58.54%

全体 54.70%

引用: 総務省ホームページ

 

18歳・19歳の投票率を分析してみて、大事なことは、次の選挙にかかっていると思うんです。

今回の投票率がそれなりの結果を出した要因としては、

メディア・学校・政治家

それぞれの大規模PRがあったからなんじゃないかなと。

 

基本的に日本のメディアって震災の時もそうですが、最初の1年だけが盛り上がって、翌年、さらに翌年になると、そんなに続けることってしないんですよね(笑)風化させちゃうのが得意、みたいな。

だから次回こそが18歳・19歳世代の投票率の見せ所ではないでしょうか?

 

 

18歳選挙を盛り上げるPR活動例

さて、真面目な話は少し置いといて、
18歳選挙権においてどのようなPR活動が行われていたのか確認してみましょう!!

総務省

18歳選挙 総務省 2

引用:総務省「私たちの声を、私たちの将来に。」サイト

今やどこでも見る顔ですね!!
広瀬すずさん!!
この写真、素晴らしく可愛いです!!

18歳選挙権PRにおいて、抜群のキャスティングです!!
全国の18歳男子たちは、おそらく9割がたこの広告に動かされたんでしょうね。

 

 

公益財団法人 明るい選挙推進協会

出典:公益財団法人 明るい選挙推進協会

 

本能寺の変ならぬ、「選挙権の変」です(笑)

これは、若者に人気のあるダンスユニット「エグスプロージョン」さんを広告塔に使った
PR動画です!

当たり前のことですが、
18歳世代に人気抜群のタレントを広告塔にしています。
また、選挙への誘導や妬みも一切ないのが、非常に好感が持てますよね!

私がいま18歳なら、選挙に足を運びたくなっちゃいます(笑)

さて、今回は2つの18歳選挙PR事例を紹介しましたが、
次回の選挙では一体どのようなPR が行われるのでしょうか?

是非、セミヂカからの発信でプランニングしたいものです!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
吉原  亜美

吉原  亜美

同志社女子大学 薬学部4回生 欲張り女子大生代表!FX投資で日々世界を感じつつ、年数回の海外旅行が生き甲斐。 プライベートは『トキメキ』を基準に判断し、気が向くままに行動することがモットー。 愛読書は『プレジデント』。でも意外にも薬学部に在学中。