HOME >Domestic>「高齢者の運転」について、渋谷のカフェでお茶をすることが日課の女子大生達と話し合ってみました☆

「高齢者の運転」について、渋谷のカフェでお茶をすることが日課の女子大生達と話し合ってみました☆

2017/01/06 | Domestic

 

1213-4 2

最近ニュースなどでよく耳にする「高齢者の運転」。
高齢者の危険運転による交通事故が多発しており、政府もこの問題について日々議論を交わしています。
今回はそんな「高齢者の運転」について
渋谷に集合してお茶をすることが日課のイマドキ女子大生と話し合ってみました!

イマドキの免許を持っていない東京在住の女子大生はどんなことを考えているのでしょうか?

「高齢者の運転」についてどう思う?

まずは高齢者の運転について率直にどう思っているか意見を聞いてみました!

「危険」
「高齢者は運転をするべきではない」
「怖い」
などの意見もありましたが、
「高齢者でなくても交通事故は起こしてしまう」
「高齢者だからって運転をしてはいけないと決めつけるのはおかしい」
などという意見がでました。

「高齢者の運転」について悪い印象が強いのではないかと考えていましたが、そんなことはなく驚きました。

ですが、女子大生が「高齢者の運転」について寛容なのには理由がありました。

「おじいちゃん、おばあちゃんが乗っている!」

「祖父母の運転する車によく乗っている!」

「乗ったことがあるけど全然危険を感じなかった!」などという意見が多かったです。

祖父母の年齢は60代後半~70代。
「高齢者」に当てはまりますね。
自分の祖父母が運転する車に乗っていて危険を感じなかったから、「高齢者の運転」に対してあまり批判的にならないんですね。

高齢者の危険運転による交通事故が多発していることを知っていますか?

何歳以上の人は運転してはいけない!などという法律はなく、
「運転する」「運転しない」の判断をするのは、とても非常に難しい問題です。
「高齢者の運転」について政府で現在さまざまな物議が交わされています。

 

1213-5

「高齢者は運転してもいいと思う?」

高齢者が運転をしても良いか」を聞いてみました!

すると結果は…

100人中72人が「運転しても良いと思う」に手をあげました。
1213グラフ

半分以上の女子大生が「高齢者が運転しても良い」と考えているようです。

理由として挙げられたのは

・祖父母が乗っているから
・定期的に免許センターで講習を受けているから大丈夫
・車がないと生活できない人がいる
・何歳以上は運転してはいけないと決めつけてしまうのはかわいそう
・判断能力は人それぞれ違う
・自己判断に任せればよいと思う

などでした。

事故の概要を聞き、「危険」と感じるが、強制的に「高齢者は運転をしてはいけない」と決めつけるのは良くないという考えの女子大生がとても多かったです。

プライドが高い!

「高齢者も自分で危険と判断できるはず」
「運転をやめられないのはプライドが高いから」などという意見も出ました。

高齢者自身、運転をしていく上で、
「判断が遅かったな」「危ないな」などと感じることはできるはずです。

それでも運転をやめられないのは「プライド」。
そして車がないと生活できない環境に置かれているからではないでしょうか?
そんな時、力を貸すのが「家族」です。
家族で話し合いの場を設けて、「高齢者の運転」について話し合うことが大切です。

1213-5 2

「健康診断書を提出しよう!」

「高齢者は運転をしてはいけない」というルールを作ることに賛成はできないけど高齢者の交通事故が多発しているのは事実です。
ではどうすれば良いのでしょうか?

どうしたら交通事故が防げると思う?
更に質問してみると以下のような解決策が出ました。

① 定期的な試験を受けさせる
⇒3ヶ月に1度試験をうけるように義務化する
② 健康診断の提出
⇒半年に1度、運動能力や判断能力等もいれた健康診断を義務化する
③ 誰でもわかる高齢者のマークをつける
⇒いまの高齢者マークは歩行者には見えにくい。
タクシーのように、歩行者にも運転手にもわかるようなマークをつけるように義務化する

などでした。

 

【高齢者運転標識】

高齢者

 

【タクシーマーク】taxi

出典:https://goo.gl/TeOuPM

 まとめ

いかがでしたか?
女子大生の意識調査をご覧になられて、どのような感想をお持ちでしょうか?

高齢者の運転はとても難しい問題のように思えます。
事実、高齢者の危険運転による事故は多発しています。

ですが、「70歳以上は免許返納を義務付ける」などと
法律を作ってしまえばこの問題が解決するのかといわれるとそうではないと考えます。
東京では、バスや電車、タクシーなどが
充実しており、車がなくても不自由なく生活できる環境がそろっています。

しかし、車がないと生活ができない環境で暮らしている高齢者の方がたくさんいます。

その方々が車を運転しなくても不自由なく、生活できる環境を作ることを、まず始めなくてはならないのではないでしょうか。

 

高齢者による危険事故を減らすために
ルールをつくるものもちろん一つの手ではありますが、
家族で話し合って家族の中でルールを決めることが大事だと考えます。
これを機に、祖父母など高齢で車に乗っている家族や親せきなどがいたら1度話し合ってみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.

わこ

都内に通う大学3年生。 渋谷に週5で出没しています。 アウトドアに見られがちだが実はインドア派。 予定がない日は1日犬と一緒にゴロゴロしていたいこの頃。 ミーハー女子で流行り物には敏感。 携帯はまだまだ離せないお年頃★ そんな私と同じミーハー女子にも、 政治を身近に感じてもらえるような記事の執筆を目標に日々奮闘中!