HOME >Domestic>これはエグ面白い!西宮市の政治家たちが今アツいぞ!!

これはエグ面白い!西宮市の政治家たちが今アツいぞ!!

2017/01/06 | Domestic

さて、何の前置もなくいきなり本題に入らせていただきます。

衝撃の号泣会見!!

読者のみなさんはこの方をご存知でしょうか?

n-NONO-large570

出典:https://goo.gl/kiCV6K

 

そうですね、

野々村竜太郎・元兵庫県議会員です。

 

少し前の時期のニュースは、メディアはこればかりでしたね!
このポーズがトレードマークの野々村元兵庫県議員です。
合コンで男子がモノマネする時の必須キャラとなっております。

さて、野々村氏のプロフィールはこんな感じ。

大阪市生まれ。北野高から関西大法学部卒業。
元兵庫県議員。1966年(昭41)7月29日、大阪市生まれ。
北野高から関西大卒業後、兵庫・川西市役所に就職。総務部や選挙管理委員会事務局に勤務し、2007年11月退職。11年4月兵庫県議選で初当選。独身。

こんな経歴の方ですが、なぜ話題になったのかをおさらい。
2013年度の「政務活動費」として、195回、約300万円にのぼる日帰り出張の交通費が支出されていたが、提出が義務づけられている領収書の添付がなかったんです。

そして記者団からの矢継ぎ早の質問に、

「行程は覚えてない」
「誰に会ったかは話せない」と明言を避け、
号泣会見を繰り広げたのがキッカケです。

みなさんもこの号泣会見はよくご存知だと思います。私もニュースで見て驚きと笑いが隠せませんでした、、

市長そのものが波乱を巻き起こす!!

続いてはこの方、

今村岳司西宮市長。

2016年の最後で世間を騒がせた方。

3

出典:https://www.facebook.com/imamuratakeshi.nishinomiya

 

彼のプロフィールはこちら。

西宮市出身。京都大学法学部卒業。1972年11月28日生まれ。大学在学中は、進学塾「浜学園」で算数科の講師を務めていた。大学卒業後、就職面接で「いずれ政治家になるので時期が来たら辞める」と宣言した上でリクルートに入社し、1999年に退社。
同年4月25日投開票の西宮市議会議員選挙に無所属で出馬し、最年少の26歳でトップ当選したスゴイ人。

さてさて、なんでこのお方が話題になったのか?というと、、
元々、初当選後の6月に行われた西宮市議会初日に 茶髪にピアス、そして髭を生やした状態で現れたことでも話題になりました。

 

そして、今年11月27日に、「中高生3万人の夢プロジェクト」という、中高生たちと市役所で直接話をするための催しに参加した今村岳司氏は、中高生たちに最後に、

「中高生だったころの私に必要な『居場所』は、授業を抜け出してタバコが吸えて楽器が弾けるところでした。」

などと話したそうです。まぁ、そういう世代なんでしょうね。。。

 

この内容が不適切だということで話題になりました。
確かに、これがだだの武勇伝だと捉えられても仕方がないですよね。

このニュースを聞いて私自身も、政治家として中高生に対して話す内容としてはまったく適していないと感じました。
そもそも今を生きる中高生にこの手のことを言ったところで、心に響く中高生はいないんじゃないかなと個人的には感じました。

でも、非常にインパクトの強い政治家だというのも事実であり、形は間違っているかもしれませんが、アメリカの時期大統領であるドナルド・トランプ氏のようなタイプと重なって見えちゃいます。

最近の風潮では、このようなタイプの政治家が世間から求められているのかな?という印象も受けます。

まとめとして

以上、上記2名の、西宮を代表する政治家をご覧になっていただきました。

さて、みなさまは西宮市に一抹の不安を感じられたのではないでしょうか?(苦笑)

私個人的には、これからの西宮市でどんな政治が展開していくのか、期待してやみません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
日下部 舞奈

日下部 舞奈

佛教大学 社会福祉学部2回生 大阪生まれのナニワっ子。京都の大学に通う、はんなり女子大生です。 大学では社会福祉を学んでいますが、趣味は肉を食すこと(笑)  焼肉の爆食いがライフワークです。 セミヂカでもこの肉食系パワーで面白記事を発信していきたいと思います。