HOME >A to Z>ドナルド・トランプが米大統領に選ばれた理由~暴言王は意外にまとも?~女子大生はこう考える!

ドナルド・トランプが米大統領に選ばれた理由~暴言王は意外にまとも?~女子大生はこう考える!

2016/12/01 | A to Z, Overseas

1201-1

セミヂカでも幾度となく取り上げてきた、先日、アメリカ大統領選挙が終了しました!

大波乱の選挙戦の末、共和党のドナルド・トランプ氏が当選しましたね。日本でも連日、アメリカ大統領選挙について報道されていたのでみなさんもよくご存知かと思います。

有名海外セレブや多くの日本人が民主党のヒラリー・クリントン氏を支持する中でのトランプ氏の当選。これには世の中が騒然としました。現在は回復していますが、「トランプ・ショック(※)」と呼ばれている、株価の大暴落も起こりましたよね。※市場に大きな影響を与え円高や株安が急激に進むこと

トランプ氏は暴言王として有名で、女性差別や移民差別ともとれる発言でメディアを賑わせていました。セミヂカの別記事にもあるように、日本の女子大生たちもほとんどがクリントン派で、トランプ氏に抱いている印象は最悪でした。実際のところ、アメリカでは現在もクリントン派によるトランプ次期大統領抗議デモが続いています。

 

では、暴言等で世の中から嫌われているように思われたトランプ氏がなぜ当選したのか。

 

今回はその理由を探ってみましょう!!

1201-2

トランプ氏が当選した理由 その①

意外に低所得者に優しい!

トランプ氏は世界長者番付に名が上がるほどの大金持ちとして有名です。

そのため、お金持ちに優しい政策を提示してくるかと思いきや、「年収2万5000ドル(約275万円)未満の単身世帯と年収5万ドル(約550万円)未満の夫婦世帯は所得税を免除する」という、低所得者にはかなり嬉しい政策をマニフェストとして掲げていました。

トランプ氏が当選した理由 その②

綺麗事ばかり並べるより、暴言と言われても“正直”なほうがマシ!?

過去に女性を軽視するような発言をしていたとして叩かれていたトランプ氏。「酒とタバコと男と女」というように、女好きで酒豪かと思いきや、意外にもトランプ氏は、酒も飲まず、加えて大麻などにも否定的だそう。

反対にクリントン氏の夫で、元・アメリカ大統領のビル・クリントン氏は、1992年の大統領選で、学生時代の大麻問題を追及された際、「臭いは嗅いだが肺まで吸い込んでいない」という情けない言い逃れをした過去があります。

これによりクリントン氏にマイナスイメージが付いている一方、トランプ氏のクリーンさ・潔さが評価されたのでしょう。

トランプ氏が当選した理由 その③

アメリカ国民が言いたくても言えなかったことを表立って言ってくれる!

なによりも、これが当選の一番の要因ではないでしょうか。実際、今までの選挙で当選してきた人は政治的な中立性を気にしている保守派が主でした。

正直なところ、

 

綺麗ごとばっかり並べていないで、目に見える国の変化や政策の成果を見せてくれよ!

 

と思っていたアメリカ国民が多かった、ということでしょう。

1201-3

女子大生による考察は、いかがでしたでしょうか?
当選するためには絶対に世論が頷ける理由があるのです。

 

メディアの偏った意見だけを信じ込んではいけませんよ!!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.

ちひろ

決して近くはないのに平均週3くらいのペースで渋谷に行ってしまう女子大生。 政治を知るというより前に、「政治をどういじるか」という事に必死な学生ライターです。 憧れのコラムニスト、ライターの方々のような スクロールする指が止まらない記事が書けるよう、日々精進しています。