HOME >Domestic>おときた先生にインタビュー!裏側レポ&プチ疑問Q&A

おときた先生にインタビュー!裏側レポ&プチ疑問Q&A

2016/11/07 | Domestic, Interview

 

4-1

こんにちは!
セミヂカライターのちひろです!

先日、東京都議会議員のおときた駿(おときた しゅん)先生
インタビューをさせていただきました!!

一言でいうと!!

おときた先生のことが大好きになりました

これに尽きますね(笑)
本当にお話するのが上手すぎるのです!!!

 

「政治家だから当たり前じゃん。」と言う方もいるかもしれません。

いや!ちがう!!!

 

ただ上手なだけではないんです!
大して政治の知識もなくただ遊んでばかりの(?)女子大生でも、
飽きさせず!楽しく!わかりやすく!話してくださいました!!!

何もわかっていない私たちのようなバカ(*_*;に話をするって、
とっても難しいと思うんです!(おーーーい!)

むしろ終わった後に
楽しかった!
あの問題よくわからなかったけどそういうことだったんだ!
と思わせるってスゴイことですよね!

semi1-3

そんな気になるインタビューの本編のインタビューを読んでいただきたいのですが、

イマドキ女子大生が「政治の話」を語るとどうなる?? ~セミヂカインタビュー お...
『政治を身近に感じたい = セミヂカ 』・・・それならば、政治家の先生方に直接話を聞くのが一番てっとり早い!どうせならば、面白おかしく、政治をわかりやすくお話し...

今回は、おときた先生にインタビュー!裏側レポ&プチ疑問Q&A
お届けしたいと思います!

 

 

〜裏側レポ〜

都議会議事堂にいざ、潜入!!

中に入り、エレベーターで「かがやけTokyo」のある5階のフロアへ。
内装は想像していたよりもキラキラしておらず、オフィスビルの中のよう。

 

しかし!!

大人10人は、横に並んで歩けるのでは?!というくらい廊下が広い。
とりあえず廊下の横幅がありすぎる。

 

その横幅ありすぎ廊下を通って『かがやけTokyo』の部屋へ。

4-2

個人的には、その道中、前を通りがかった、
『深呼吸のできる東京』という会派のネーミングが
“環境問題的に空気がきれいという意味で深呼吸ができるのか”
それとも、
“精神的に安心できて深呼吸ができるくらい心が軽い世の中にしよう”

という意味で「深呼吸ができる」と言っているのか
とても気になりましたがそれはさておき、
おときた先生の所属する「かがやけTokyo」のお部屋へ。

 

そしてド緊張の中インタビューがスタートしましたが、
おときた先生の例えトークに終始笑いの絶えないインタビューで、
あっという間に時間がきてしまいました!

そんなインタビューの本編はこちらです!

 

semi1-2

~本編に入りきらなかったプチ疑問Q&A~

Q1.電車には乗りますか?

A.『いつも乗ってますよ!』

 

Q2.公用車は使いますか?

A.『公用車はほとんど使いません!
でもTV局に行く時は、何百円単位の電車賃を貰うのが
惨めになってきたので(笑)
最近は車を使うこともあります!
それと、行事に来賓として出席した後、
駐輪場いってチャリで帰るところを見られて、
「あいつチャリ乗って帰ってるよー!」と言われているのを背後に感じた時は、
やっぱり車で行けばよかったか……と思いましたね(笑)』

 

やはり政治家といえば!
秘書さんと専属ドライバーがお迎えにきて
家からその日の現場まで向かうというイメージですもんね!
中には、前都知事の舛○さんのように
お仕事でなくても職権乱用する人もいましたもんね!!!!!(大声)

そんな政治家イメージを抱いていただけに、
おときた先生、庶民的な方でとても親近感が湧きました!

 

Q3.合コンに300回以上行ったことがあると聞いたのですが、
相談です。一度も彼氏がいたことがありません。
そんな悲しい女子大生にアドバイスをお願いします!

A. 『一人で合コンに行くこと!!!
友達同士で合コンに行くと友達同士で
固まっちゃうから一人で飛び込むべき。
あと今だとマッチングアプリとか?(笑)
そういうのもアリだと思います!』

semi1-6

 

本編を読んでいただいてもわかるとおり、
人生選択においても、恋愛においても!?
行動力がありまくりのおときた先生なのでした...!

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.

ちひろ

決して近くはないのに平均週3くらいのペースで渋谷に行ってしまう女子大生。 政治を知るというより前に、「政治をどういじるか」という事に必死な学生ライターです。 憧れのコラムニスト、ライターの方々のような スクロールする指が止まらない記事が書けるよう、日々精進しています。