HOME >A to Z>駅前で政策演説 ここをcheckすれば5倍楽しめる!

駅前で政策演説 ここをcheckすれば5倍楽しめる!

2016/11/07 | A to Z, Pickup

1-1

選挙の時、駅前などで行われている演説。
「難しくてよく分からないし、正直音がちょっとうるさい……」と思いつつも、、、
でも私も政治のこと分かった方がいいよね?」、
将来の仕事とか子育てとかにも関係あるんだよね?」と
気になるのも事実ですよね。
でも、いきなり政策のことを詳しく勉強するのは大変。

 

そこで、今日は
“女の直感”で駅前の政策演説をチェックする方法
を考えてみたいと思います!

政治について気になりつつも、
どういうところから入ったらいいのか分からないという方も、
ここをチェックすれば分かりやすく政策演説が楽しめるかも!?

 

顔が好みかチェック

s-AdobeStock_114491952

まずは、一番分かりやすい演説者の「顔」をチェックしましょう。

「合コンじゃないんだから……」という声が聞こえてきそうですが、
外見が与える第一印象というものは侮れません
だって、一目見て「なんとなく信用できないな」と感じる人には、
やはり投票できないですよね。
それに好みのタイプだったら、
「ちょっと立ち止まって聞いてみよう」
という気になるものです。

 

そうした外見的な興味をきっかけにすることは、決して悪いことではありません。
きっかけは外見でも、そこから演説の内容や政策に耳を傾けてくれるならば、
演説を聴かずに立ち去られるより、よほど候補者だって
嬉しいのではないでしょうか。

 

身ぶり手ぶりも合わせてチェック

続いて、顔のチェックと一緒に身ぶり手ぶりや、
話し方のトーンなどもチェックしてみましょう。
演説の内容が分からなくても、
聞きやすい話し方だな
丁寧な言葉遣いだな
といった印象はチェックできるはず。

また、ちゃんと集まっている人たちに向けて話しているかどうかや、
笑顔で手を振ってくれているかどうかなども見ていると分かりますし、
そこから人柄が伝わってくることもあります。

 

そうした印象から、候補者の人柄や信頼できるかどうかを
“女の直感”でチェックしていきましょう!

 

自分の日常と演説で言っていることがどう関わっているのかチェック

外見での印象を確認したら、次に演説の内容をみていきましょう。
とは言っても、全部を理解しようとしなくても大丈夫です。
自分の日常と関わりがあることからチェックしていきましょう。
大学生であれば、数年後には就職活動があります。
それに、ほとんどの方がアルバイトを経験しているでしょう。
そこでまずは雇用に関しての政策を聞いてみると、分かりやすいのではないでしょうか。

 

他には、女性の社会参加や子育て、消費税率の問題なども、身近なテーマです。
祖父や祖母と暮らしているという方ならば、介護問題も興味を持って聞けるかもしれません。
そうした、自分のアンテナが反応しやすいテーマから耳を傾けてみましょう。
そうすると、「この候補者は、若者の雇用について力を入れてくれそうだな
介護問題に取り組んでいるらしいし、
実際に高齢者から支持されている人なのかな?」など、
候補者の特徴も見えてきます。
自分の生活と現実的な接点があるかどうか、
という点に注意して演説を聴くことが、
共感できる候補かどうかチェックするポイントです。

 

 

なぜ立候補者は「握手」をしたがるのかを知るとおもしろさアップ!

hand-819279_640

そしてもうひとつ、街頭演説で欠かせないものに「握手」があります。
「よろしくお願いします!」と連呼しながら、
街行く人々に候補者が握手をする姿はよく見かけますよね。
この握手には、実はちゃんと意味があるのです。

 

強く手を握るという行為は、相手に直接好意と熱意を伝えるのに
非常に効果的だと考えられています。

さらに思い出してみてください、片手で握手をする候補者っていませんよね?
両手で握手をすると、
相手の意識にさらに強く自分の印象を刻み込む効果が
あるそうです。
確かに、候補者の方は両手でがっちりと握手して、
目を見て「○○に一票、お願いします!」と声をかけてきますよね。
こうして、熱意と好意、そして自分の存在を強く有権者に伝えようとしているのです。
ある政党では、「10万人握手作戦」という選挙対策を採用しているそうですよ。

好みのタイプの顔の候補者で、話を聞いていても共感できたら、
握手をしてみてもらってもいいかもしれませんね!

 

まとめ

政治のことを知るのはハードルが高い印象がありますが、
最初は興味を持つことが一番大切です。
候補者の顔の印象や、演説の中でふっと気になったワンフレーズからでもかまいません。

「気になるな」と感じたら、その直感を信じて、
話を聞いたり、配っているビラをもらって読んでみたりしてみましょう。
そこから分かることを調べていったり、他の候補者の主張と比べたりしていけば、
少しずつ政治に対する知識が身に付いてきます。
そういう意味では、候補者の生の声を聞き、
直接的な印象を見ることができる街頭演説は入門にうってつけです。
最初はそれこそ「若くてイケメンの候補者がいる!」でもオーケー。
街頭演説を入口に、政治についての知識を身に付けていきましょう!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

イマ押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすくセミヂカらしく☆身近に感じてもらえるように発信していきます!