HOME >A to Z>忙しいお母さんへ…育児から育孫が増加中!?

忙しいお母さんへ…育児から育孫が増加中!?

2016/11/01 | A to Z

2

最近の家庭では、経済的にも不安が大きく
「共働き」をしているところが多くなってきています。

そんな中、大変なのがお母さん。
育児に仕事に家事に追われてもう忙しすぎ!!!
そんな悲鳴も聞こえてきそうです。

 

そこで最近増加していることが
育孫」(いくまご)です!!

育孫とはその漢字二文字の通り、「孫を育てる。
つまり、おばあちゃん・おじいちゃんが母親の代わりに
子育てを行うということです。

 

例えば、母親が仕事で遅くなるとき、おばあちゃんにお迎えを頼んだり、
子供が体調不良になったとき、
仕事を休めない母親代わりに面倒を見てもらうなど、
そばに助けてくれる人がいるという環境はお母さんも安心なはず💕

 

 

3

導入されつつある「育孫休暇」

育孫とっても助かるけど、いつも頼むのは気まずい…。
嫁姑の仲問題などに発展してしまうのも怖い、と思っているお母さんも多いそう。

また、おばあちゃんたち側も3育孫しようといっても、
定年を過ぎても働いているという人が増えてきているため、
自分も仕事を休まないといけない…という方々もいらっしゃいますよね。

 

そこで誕生したのが「 育孫休暇 」!!

年次有給休暇の未消化分を利用し、「積立特別休暇」として
上限日数120日まで孫との時間を理由に休むことができる」、という制度です。

 

この取り組みは横浜市や奈良県、福島県や各企業など、
すでに各地域や企業によって実施されてきています!
遠方に住むお孫さんに会いに行ったり、
一緒に旅行に行くなど様々な活用ができますし、
地域全体で子供たちを守る、そんな環境づくりにもつながりますね♪

 

この制度が普及されたら、おかあさん達も頼みやすくなりそう。
おばあちゃんたちもお孫さんに会えるし、嫁姑問題も解消!
一石二鳥ですね(^^♪(笑)

 

4

 

おばあちゃん・おじいちゃんたちの本音

 

先日、私も飲食のバイト中におじいちゃんおばあちゃんが
お孫さんをベビーカーに乗せて3人で食事に来ていたのを見ました。

でも小さい子に食事をさせるのも一苦労。
ご飯粒をこぼしたり色んなものに手を出してしまったり、泣いてしまったり…

お母さんでも大変なことをおばあちゃんおじいちゃんがしていて、
大変そうだなぁと思いました。

実際、育孫をされている方々から「体力的にきつい」という意見は多いです。

 

 

そこで!
育孫するおばあちゃんおじいちゃんの味方グッズをご紹介します💕

 

 

≪ほほほ 哺乳瓶≫

ほほほ

指にフィットして扱いやすく、調乳時の落下事故を防ぎます。
また、メモリが大きいことで、老眼による調乳ミスや火傷を防止できます。
シニアの安全を考えた、初めてのほ乳瓶!

※商品詳細 ⇒ http://baba-lab.shop-pro.jp/?pid=105214413

 

 

≪抱っこ布団≫

抱っこふとん

 

「抱っこ」で一番気になるのは
「かわいい赤ちゃんを落としたらどうしよう!」ということ。

赤ちゃんを抱きなれていないおじいちゃんにも
恐怖感なく赤ちゃんを抱っこできるように作られています。
「横幅は広め」 で、
「からだの感触が伝わるくらいのちょうどよい厚さ」を考えている商品です。

※商品詳細 ⇒ http://baba-lab.shop-pro.jp/?pid=42595714

 

 

いかがでしょう!
調べた私もこんな商品があったのか!と驚きました。

 

おばあちゃんおじいちゃんの気持ちもわかってあげて、
感謝の気持ちをもちながら育孫してもらうのがお互い気持ちがいいですね♪

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

イマ押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすくセミヂカらしく☆身近に感じてもらえるように発信していきます!