HOME >Domestic>日本一わかりやすい “集団的自衛権” の話

日本一わかりやすい “集団的自衛権” の話

2014/07/30 | Domestic, Trend

自衛隊
最近「集団的自衛権」が話題になっています。しかし、よくわからないという人も多いと思います。そこで、集団的自衛権とは何か、賛成派、反対派の言い分はどういったものかを日本一わかりやすく紹介します。

仲のいい国と一緒に戦う

集団的自衛権とは、日本と仲のいい国(アメリカなど)が攻撃されたときに、一緒に戦う権利のことです。

賛成派:日米の絆を深め、中国の攻撃を防ぐ

集団的自衛権に賛成する人の言い分はこういうものです。

アメリカが攻撃されたときに日本も一緒に戦う
⇒日本とアメリカの絆が深まる
⇒日本が世界最強の軍隊を持つアメリカと大親友になれば、中国や
北朝鮮は日本に手を出せないだろう

反対派:自衛隊員が戦死し、日本が嫌われる

集団的自衛権に反対する人の言い分はこういうものです。

アメリカはこれまでたくさん戦争をしてきており、そんなアメリカが嫌いな人も多い
⇒アメリカと日本が一緒に戦えるようになると、自衛隊員が戦死し、
 アメリカが嫌いな人たちが日本まで嫌いになるだろう

関心を持った人は他の記事も見てみよう

他にも、戦争をしないことを定めた憲法9条のもとで集団的自衛権を認めることができるのかできないのかなど、たくさんの論点があります。

集団的自衛権についてもっと詳しく知りたいと思った人は、集団的自衛権って何?ほんとに必要なの?集団的自衛権の解釈改憲ってできるの?も見てみて下さい。(今野優之)

集団的自衛権と安全保障 (岩波新書)
豊下 楢彦 古関 彰一
岩波書店
売り上げランキング: 25,971
日本人のための「集団的自衛権」入門 (新潮新書 558)
石破 茂
新潮社
売り上げランキング: 9,041

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で