HOME >A to Z>「美味しんぼ」はたしかに「真実」を語っていた!!

「美味しんぼ」はたしかに「真実」を語っていた!!

2014/06/09 | A to Z, Trend

美味しんぼ

原発を訪れた主人公が鼻血出す

人気漫画「美味しんぼ」の“鼻血問題”が波紋を広げています。
作品の中で、主人公が福島第1原発を訪れた後に
鼻血を出すなど体調不良を起こします。
福島の前双葉町長や福島大学の准教授が実名で登場し
「(被ばくによって)鼻血が出たり、ひどい疲労で苦しむ人が大勢いる」
「(福島県を)人が住めるようにするなんて、できない」
などと発言しています。

岩手県のがれき焼却を受け入れた大阪市内で、
住民が健康被害を訴えたとの話も出てきます。

大臣は「科学的根拠ない」と批判

これに対して、福島県や環境省、岩手県、大阪府・市などは強く抗議しました。
風評被害を広げることや除染の効果は上がっていること、
がれきの放射線量は基準値を大幅に
下回るものであることを主張しています。
下村博文文部科学大臣は
「科学的、医学的な根拠はない。福島県民にとってひどい迷惑だ」と批判しました。

「真実を書いてどうして批判されるのか」と作者

「美味しんぼ」の原作者の雁屋哲さんは、
自身のブログで「私は自分が福島を2年かけて取材をして、
しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことが
どうして批判されなければならないのか分からない。
真実には目をつぶり、誰かさんたちに
都合のいい嘘を書けというのだろうか」と主張しています。

作者はたしかに真実を語っていた!!

しかし、そもそも「真実」という言葉はどういう意味でしょうか。
「真実」と「事実」はどう違うのでしょうか。
事実とは、客観的なもので、実際に起こった事柄を指します。

それに対して、真実とは、想像・推測を排除しません。
つまり起こっていることや事実を、主観的に加工したものです。
必ずしも表面的なところには見い出されていない隠されているものを、
想像力によって、つくり出し、鋭い洞察力をもって、分析し出すものです。
たとえば、「見かけの事実とは裏腹に、真実は・・・」といった感じです。

どんなに非科学的でも、「真実」に変わりない

つまり、「真実」は想像・推測を排除しない以上、
漫画の内容がどんなに非科学的でも、
「真実」が描かれていることに変わりはないのです。
皆さんも、「在日特権の真実」などの言葉を見かけたときは、
「真実」という言葉の意味を思い出してください。

言葉遊びのようですが、
いずれにしても福島の早期復興を願う所は皆さん同じでしょう。
(今野優之)

 

it truly is that time of the year in cases where mode and as well as building trainees complete most
rob kardashian weight lossWhat Is the Proper Attire for Winter Activities

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で