HOME >Domestic>私の資産は「0円」です-問題ばかりの国会議員資産公開

私の資産は「0円」です-問題ばかりの国会議員資産公開

2014/05/12 | Domestic

ref_l

「ワタミ」の元会長の資産は17億円?

先日、昨年の参議院議員選挙で当選した参議院議員の資産が公開されました。

一番資産をもっていたのは飲食チェーン「ワタミ」の
元会長の渡辺美樹さん(自民党)でその額17億580万円、
第2位は「伝説のトレーダー」の異名をもつ
経済評論家の藤巻健史さん(日本の維新の会)で6億6,870万円でした。

この額を見て、「さすがワタミはすごい!」と思っていてはいけません。
実は渡辺議員、実質的な資産総額は軽く200億円を超えると言われているのです。

なぜ、このようなことが起こってしまうのか、
いったん200億という噂の真偽や善悪は置いておいて
資産公開のルールについて見ていきましょう。

資産公開のルールは「ザル法」

この資産の公開は、国会議員の資産を国民が
きちんとチェックできるように作られた
「政治倫理の確立のための国会議員の資産等の公開等に関する法律」と
いう長い名前をもった法律に従って行われたものです。
この法律、仰々しい名前とは裏腹に、
多くの問題を抱えたいわゆる「ザル法」なのです。

なぜこの法律がザル法と呼ばれるのか、
その理由を見ていきましょう。
まず疑問なのが、公開の対象に
おそらく皆さんももっているであろう「普通預金」が入っていないことです。
さらに、本人の名前でもっているものに限っての公開であることも問題です。
渡辺さんの場合、ほとんどの株式を資産管理会社を
通じてもっているために公開の対象になりませんでした。

公開した121人中21人が「資産ゼロ」

公開の対象とならないよう工夫をこらせば、
私たちにどれだけの資産をもっているかを見せなくても済んでしまうのが現状です。
先日の参議院議員の資産公開では
全議員121名中21名がなんと「資産ゼロ」として報告をしました。

確かに借金も計算して資産の額を決めるので、
資産ゼロの議員もいるのかもしれませんが、
それにしても6分の1の当選者が資産を
もっていないというのは信じがたいことです。
この資産公開の問題、私たちもクリーンな政治のために
しっかり考えなければなりません。

(セミヂカ編集部)

the internet radio giant plans to widen its lead in a
weight loss tipsTwo Looks At Fear Dot Com

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

いま押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすく、セミヂカらしく。政治を身近に感じてもらえるように発信していきます!