HOME >Domestic>政治家だって出世したい!内閣改造をめぐるあれこれ

政治家だって出世したい!内閣改造をめぐるあれこれ

2014/04/04 | Domestic

内閣

出世したい気持ちはサラリーマンにも、政治家にもあります。安倍首相は現在、政治家にとっての“人事異動”である「内閣改造」を実行しようとしています。

「大臣病」にかかるベテラン議員

ある程度当選回数を重ねた国会議員は、特に精通した政策分野などと関わりなく、とにかく大臣に任命されることを切望する、いわゆる「大臣病」にかかります。最近、自民党の中堅議員が安倍内閣の方針に不満をぶつけるときがありますが、これも党内では人事の停滞が原因との見方がもっぱらです。ガス抜きに内閣改造が必要なのだそうです。

能力がないと大臣になれない時代に

しかし、以前のように年功序列で大臣に、というのは難しくなっているようです。官僚におんぶにだっこだった時代と異なり、今は政治家である大臣らが国会答弁する時代です。能力を求められているのです。そうそう人材がいないわけでもない。誰でも当選年次を重ねれば大臣になれるということは断ち切らねばいけないのです。

大臣から漏れた人の不満で求心力が落ちることも

内閣改造にはデメリットもあります。自民党の石破茂幹事長は「人事は総裁の専権事項。喜ぶ人もいるが、(大臣から漏れた人の不満で)求心力が落ちることもある」と言っています。「次の改造で大臣になれない議員は恨みを持ちますよ」という声もあります。

消費増税から目をそらせる狙いも

内閣改造には他にも狙いがあるといわれています。4月からの消費税増税によって内閣支持率が低下する恐れがあり、これへの対応という側面も考えられます。内閣改造直後の支持率は改造前より上昇する傾向があるからです。マスコミとしても、内閣改造という人事ものには飛びつくので、消費税増税の記事より内閣改造ということになりがちで、消費税増税を目立たなくできるというメリットがあるようです。

政治家も人間ですから、彼らの気持ちに着目してみるのも政治をよく知るためには重要かもしれません。(今野優之)

 

designed a chocolate bar torte recipe ingredients
rob kardashian weight lossA Timeless Fashion Accessory for Everyone

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で