HOME >Interview>【政見放送芸人】マック赤坂氏を直撃インタビュー

【政見放送芸人】マック赤坂氏を直撃インタビュー

2014/01/31 | Interview

mac_top

初めまして、早稲田大学3年の中村有沙と申します。本日は宜しくお願い致します。
あ、今日は衣装じゃないんですね。衣装を着ている姿をよくテレビで拝見していたので、今日も着ているのかなと思って緊張してました。

ああ、それは政見放送を見てください。曜日などの日程が決まったんで。一応、フェイスブックには出したんだけど。一番早いのがNHKで31日の23時くらい。これは2回目なんだけど。民放が一番早いのだと、2月4日の朝の4時。くじ運が悪かった。17時30分ぐらいだったらよかったんだけど。

ちょうどみなさんが起きられる頃ですもんね。残念です。

ただ私の場合には、Youtubeやニコニコ動画ですぐアップされますからね。両方とも、一位を独占しますから。むちゃくちゃやってますから(笑)。

そうなんですね。では、衣装をもう着られる予定なんですか。

着る予定っていうか。もう収録終わってますから。あれ生じゃないからね。

え!そうだったんですか?!

そう全部録画だよ。今回の完成度は、NHKが80点で、テレビ東京が120点。テレビ東京は100点越えたよ。

早起きして見させていただきたいと思います。

“マック赤坂”名前の由来

マックというのは本名の誠(まこと)さんからきているんですよね。普段からマックと呼ばれていたのでしょうか。

あだ名はまこちゃんとかまこととか。

では、“マック”となったきっかけですか。

マック赤坂になってから。芸名を作ってからです。

なるほど、たしかに目を引きますよね。赤坂というのは赤坂が好きだからですか。

好きだから、というより住んでいるからね。だから、もし六本木だったら六本木。

では、もし移り住んだら名前も変わるということですか。

そうですね。マック銀座とかマック京都とかね。

そういうことなんですね。赤坂が好きだからだと思ってました。

まあ好きだから住んでいるんだろうね。高級感なイメージがあるし、国際的なイメージがあるよね、赤坂って。

そうですね。ビジネスマンも多いですしね。

スマイルセラピーの原点

結構選挙の度に出馬をされているイメージがあるのですが、なぜ毎回出馬をされるのですか。

スマイルセラピーを日本から発信して、世界中に伝道したいからです。

では、なぜスマイルだったのかなど、スマイルの原点を教えてください。

伊藤忠のときに、ロスへ行ったり、海外へ行ったりしてて、スマイルを向こうの人はできるよね。でも日本人はスマイルが下手だよね。だからまずそのギャップを埋めて、日本にスマイルを輸入したいと思ったのと、あとはやっぱり商社というのはマテリアルを買ったり売ったりする商売でしょ。だからそれで一生を終わりにしたくないなと思ったんです。やっぱりメンタルに関連する仕事をしたいな、ということで何がいいかなと探したら、何とかセラピーとか色々ありました。さらには心理学もいろいろ勉強しました。
IMG_2513

その中で、スマイルセラピーというのは、スマイルをさっき言った日本に導入することにも繋がるし、さらにまだ誰もやっていない新しい分野だと、それと平和とか愛とかそういったことにつながっていくとか。あとはこれで事業で失敗しても、スマイル事業がうまくいかなくても、自分がスマイルができるようになることが、収穫になるのではないか、など様々な理由から始めたのがスマイルセラピーでした。

 

では元々自分が笑顔が好きだから、という理由だけではなくて、海外で得たことを生かしてスマイルを取り上げたんですね。

そうですね。むしろ自分自身がスマイルをもっとできるようにしたいな、と。自分自身が笑わざるを得ないじゃない(笑)。

求められていますものね。

そうそう。自分自身がそうなっていく。だから事業で失敗しても後悔はしないだろうなと。

では、笑顔を実際に経験されていて、変わったこととかってありますか。

女性にもてるようになったし。もうモテモテ(笑)。商談もうまくいくし。知らない人との人間関係もスマイルしたら挨拶しやすいのでうまくいくしね。スムーズにいくよね。で、人から声をかけられるようになったり。色んなプラスがあります。スマイルセラピーのおかげで政治の世界に入って、政見放送で有名になって、テレビとかにどんどん出してもらって。というように、いいことだよね。

スマイルによって環境がどんどん変化していったんですね。

PRのためではなかった!選挙に毎回出馬する本当の理由

以前、出馬をもう辞めるとおっしゃっていたじゃないですか。でも、ツイッターなどで若者から「もっと続けてください」という声があったから出馬を決めたというお話を記者会見でしていましたが、実際にはそういう若者が投票をしないと思うんですよ。それでも、出馬をなさった理由はなんでしょうか。

一つは、そういった若者のマックファンはいるわけですよ。それが年々増えていっているわけですよ。彼らはマックの出馬に何を期待しているか。彼らが求めているのはたった一つ、政見放送なんですよ。政見放送を今からずっと待ちに待っているんですよ。そういう候補者はいままでいましたか。

いないですね。

だから、政見放送芸人という新しいジャンルを私は作ったわけですよ(笑)。

なるほど。

だから、彼らの期待に応えるために政見放送を出るためには、まず立候補しないとだめだということですよね。あとは、「立候補」という映画、見ましたか。

まだ見てないです。

おそらく今年の夏にそれがDVDになるので見てください。それが、大ヒットして、毎日の映画コンクールで賞を取ったんです。

毎日新聞のコンクールですね。

やはり映画の中で、若者が共感したというのは、権力に対してたった一人で戦っている姿を見て、マック赤坂さんは政治の世界の半沢直樹だと。一つのヒーローになったんですよ。だからそのヒーローとして、実際にまた出馬してみるというのも大事かなと思ったわけですよ。

待ち望んでいる若者たちのために、政見放送をやろう。立候補をしようとなったんですね。

そう。だから、当選するか落選するかという問題、マック赤坂は何票取るのかという問題とは別に、nakamura2とにかくしっかりと20代前半の若者に政治に対する興味をあげて、投票所にいってもらうための努力をしようと。
そのためのパフォーマンスであればなんでもやる、というわけですよ。だから選挙管理委員会より良いこというでしょ(笑)。彼らは投票に行けとは言うけど、何の無策じゃないですか。やっていることはバスに投票に行けと書いているだけだよ。

まったくもって興味をそそらないですよね。

そうだよね。そうやってバスに書くというのは、官僚的なやり方じゃない。投票率をあげたいって言うのになんで政見放送を朝の4時にやるんですか。ありえないでしょ。そういうことからしてさ、本当にやる気があるのかは疑問だよね。

そうですよね。では、よくネットでは会社のPRをするための出馬などと書かれていたりしますが、そうではないんですね。

全然ですね。PRどころかスマイルセラピーが逆に私が立候補してから、お客がどんどんどんどん減って。やはり日本人というのは政治・宗教に絡むのはいやなのよ。だからスマイルセラピーは政治絡みだなということになったから、逆にお客が減って、今は選挙に出てることが逆効果になってる。

逆効果だったんですね。誤解しておりました。

そうでしょ。わんさかお客が来ると思ったらとんでもない。

広告宣伝のためだったらやめたほうがいいんですよね。

やめたほうがいいよ。やめたほうがいいけど、私は金儲けのためにやっているわけじゃないから。スマイルセミナーを伝道したいということ。これ自体は全然ボランティアみたいなもんで、すばらしい教えだから広めたいんです。

若者への影響

では、もし当選した場合には、私たちは若者にとって政治をもっと身近にというコンセプトでやらせてもらっておりますので、当選後、どういうことをしていきたいとお考えですか。

ビラにもうすべて書いてあります。特に学生諸君に訴えたいことは、6番の選挙改革ですよ。とにかく若者の投票率が、20歳以上だからね、学生の場合は3,4年以上になると思うんだけれども。その投票率は平均25%しかないんですよ。

低いですね。

もうありえない。3割もない。これは、とんでもない社会問題ですよ。それを自公政権は、政局にしないのは、逆に彼らにとって若い人は行かないほうがいいからですよ。

そうですね。

ところが、これも大きな社会問題なんで、マック赤坂と学生諸君とで一緒になってどうやったら投票に行くのか、どうすれば学生の投票率を上がるのかということをそれを考えていきたい、というのが今回の選挙戦の中で、大きな私のテーマです。だから、大学を回りたいんだ。あとは選挙権を18歳。少なくとも18歳ですよ。そうしたら大学1年生からいけるわけですよ。

大学入学と同時に行けるわけですよね。

いま世界の中で、20歳以上は日本と韓国ぐらい。先進国のほとんどは18歳。イギリスなんて16歳からだから。mac1あのコンサバティブなイギリスでさえ、高校生から行けるから、政治参加の意識を高めるわけですよ。投票に行けない人たちは投票に関心を持つなんてできないでしょ。だから、私は16歳からやったらいいと思っているんだけれども。少なくともまずは18歳以上から、大学入学したら行けると。そういう選挙制度に改革する。それと投票を教育・勤労・納税に次ぐ、4大義務。3大義務ではなく、4大義務にする。ということで、これを棄権する人は逮捕する。

た…逮捕ですか(汗)。

3年以下の懲役、50万円以下の罰金です。たとえばそういう罰則規定を設ける。だってそうでしょ、納税は義務で罰則があるでしょ。俺はもう納税払いたくないからじゃすまないんですよ。だから必ず来るよ。

選挙に行けない奴は、逮捕だということですね。

棄権するのは、権利であると学生諸君はいうかもわかんないけど。権利の前に義務があるんだと。義務と権利は表裏一体であると。だから投票という義務を怠って、棄権をする人っていうのは、これは危険ですよ。

そうですね。

洒落なんだけど今の(笑)。

巧妙すぎてわかりませんでした(笑)。すみません。

非常に危険ですよ。民主的な国家である以上。平等に権利を行使するという前に義務をとにかく行ってほしいということですよ。

それで罰則規定を設けるというわけですね。

棄権をするならば、投票という義務をはたして、投票所に行ってその投票用紙に「私は棄権します」と書いて投票したらいいんだよ。それか白票で出すとか。マックのあほと書いて出すとか、これでもいいわけよ(笑)。とにかく投票所に行ってくださいというのが私の学生に対するメッセージ。

そういうわけですね。いろいろありかと思いますけど。風邪等の病気や高齢者の
方たちはどうしたらいいですか。

それは期日前投票があるじゃないですか。期日前投票は公示日翌日の8時30分から区役所でできる。ということは、病気だから、まあ入院していてもできるよ。それだったらば、権利を行使するために、例えばインターネット投票をさせてくださいなどの声をあげたらいいんですよ。やれることはいっぱいあります。やらずに黙っているのが一番よくない。ドイッ!

若者人気と課題

実際に選挙活動をしていて若者の声を聴くことがあると思うのですが、ツイッターの声と実際の生の声で違うことってありますか。

ツイッターはもう匿名で無責任だよね。批判的なことが多いけども。渋谷では若者が多いわけだからある意味では真面目だね。真面目を通り越して悩み相談みたいな(笑)。

人生相談が多いんですね。

それは多いです。恋愛の悩みとか。あとは学生さんたちだから就活が多いね。マックさんのように成功するにはどうしたらよいですか、金持ちになるにはどうしたらよいですかって。他にも、今うつ病で薬を飲んでいるのですがどういたらよいですかって。そういう具体的な質問が多いよね。

ではそれに対して個別にアドバイスしていくという感じなんですか。

うん。ただ一人ひとりにアドバイスをしていたら政策時間がなくなっちゃうからね。

確かに。終わらないですよね。

うん。なかなか個別対応したいけど、難しいな。だから、こういうビラとかを見てくださいとかいって。

若者からの支援が一番ですかね。

そうだね。だから私は渋谷でやるし、若者に対するアピールが一番多いわけですよ。マニフェストの恋愛にしても、おじいさんおばあさんが今更恋愛って言ってもね(笑)。
中高年はいいんだけどね。やはり若者主体の考え方だよね。

他の候補者が年金制度とかの見直しなど、どうしても年配者のほうに政策が向いている中で、マックさんの場合は若者の方に目を向けていますよね。

うん。でも問題はその若者たちが投票所に行ってくれないということなんだよね(笑)。
スマイル2

 

about 1 to 2 minutes
weight loss tipsGenuine Shell Cordovan Shoes and Belts as Men’s Fashion Accessories

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

いま押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすく、セミヂカらしく。政治を身近に感じてもらえるように発信していきます!