HOME >Domestic>実は凄かった 元総理大臣・細川護熙氏の家系と経歴

実は凄かった 元総理大臣・細川護熙氏の家系と経歴

2014/02/06 | Domestic

‚ ‚¢‚³‚‚·‚é×ìŒ³Žñ‘Š
このサイトを見ている若者の中には、都知事選で小泉元首相の後押しを受け、選挙演説などで多くの観衆に向けて演説をしている姿をみて、「細川護熙って誰?そんなにすごい人なの?」という人も多いと思います。そこで、細川氏の経歴や家系について紹介していきたいと思います。

藤原氏と足利氏の子孫

細川氏はなんと、大化の改新を行った中臣鎌足や貴族政治を行った藤原道長で有名な藤原氏と、室町幕府で天下を取った足利氏の子孫なのです。また、彼の先祖は現在の熊本県に当たる肥後熊本藩54万石を代々領していた大名でした。細川氏が「殿様」のニックネームで呼ばれるのはこのためです。さらに、彼の祖父は近衛文麿元首相です。

1年持たずに首相を辞任

細川氏は新聞記者を経て参院議員になり、その後、熊本県知事に転身しました。知事退任後、再び国政に戻り、1993年非自民連立政権の首相に選ばれ、38年ぶりに自民党からの政権交代を実現させました。

しかし、細川氏は佐川急便からの借入金が未返済という疑惑を追及されます。細川氏は自宅の修理のための借入金で既に返済している(現在ではこの際の「借用書」も公開されている)と釈明しましたが、返済の証拠を提出することが出来ず、細川氏は苦境に陥り、1年も持たずに首相を辞任しました。

脱原発を掲げ都知事選へ

その後還暦を機に政界引退後し、陶芸家として活動していましたが、福島の原発事故後脱原発を主張するようになります。そこに猪瀬直樹氏の都知事辞職。かつて細川氏と行動をともにした政治家たちが彼に都知事選に立候補するよう促します。しかし、細川氏は首を縦に振りません。首相を務めたのは約20年前で、発信力に不安がありました。

そこに、小泉純一郎元首相の代理人が小泉氏の言葉として「細川氏は都知事選に出たほうがいい」と伝えました。同じく脱原発を掲げ今でも人気のある小泉氏の支持が得られるなら出馬しようと思った細川氏は、本当に彼が支持してくれるか確認するため料亭で直接会談します。小泉氏の高揚感を見て、彼の本気を確信した細川氏は、小泉氏に「細川さん、出馬表明するなら今日しかない」と促され、ついに都知事選出馬を決意しました。

五輪反対を撤回

昨年12月に出版された本の中で細川氏は、「安倍首相が『オリンピックは原発問題があるから辞退する』と宣言していれば、日本に対する世界の評価は格段に違っていた」と話し、オリンピック招致に奔走した政府を批判しました。これに対して、「オリンピックを開催する都知事なのに、オリンピックに否定的だったことをどう説明するのか」といった声が上がっています。現在では、細川氏は東北の各都市と共同で文化施策やイベントに取り組み、五輪で震災復興の姿を世界に示すとしています。

すべてを決めるのは都民

また、「そもそも原子力発電は、国のエネルギー政策の根幹にかかわる問題だ」「都知事選挙に原発問題はなじまない」といった原発の争点化を批判する声もあります。その一方で、東京都は日本全国の電力需要の10%程度を占め、都道府県の中で最大の電力消費エリアであることや、東京都は東電株の1.2%を保有する第4位の大株主であることから、原発の争点化に賛成する人もいます。しかし、原発を争点にすべきかどうか、そして都知事選でだれに投票するか、すべてを決めるのは都民の皆さんです。(今野優之)

but looking for a wedding dress can be even harder
rob kardashian weight loss Louis Vuitton v Web Host

As a rebellion
weight loss tipsLast Minute Gift Ideas for Father’s Day Graduates

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で