HOME >Overseas>パクノミクスだけではない!韓国崩壊の危機

パクノミクスだけではない!韓国崩壊の危機

2014/01/16 | Overseas

ナイアガラ

低迷を続けるパクノミクス

昨年の2月に韓国の大統領に就任したパク・クネ氏。その経済政策をパクノミクスといいます。
このパクノミクス、アベノミクスをもじって韓国が真似をしたという人がいますが、それは間違いです。元々は1980年代の米国大統領レーガンの経済政策という意味の造語として、レーガノミクス(レーガンとエコノミクスをかけたもの)とレーガン政権が言い出したのが始まりです。

しかしパク大統領の就任以来、韓国経済は低迷を続けています。

日本に負かされた韓国経済に崩壊の可能性

韓国の、そのパクノミクスが現在、円安ウォン高となっていますが、これはアベノミクスの影響を受けてのもの。最近まで日本の円高不況を冷笑していた韓国ですが、今度はその日本にしてやられたわけです。今年は、好調なサムスン電子を除いて韓国主要輸出企業90社の営業利益は12%減と予想されています。このままいくと韓国経済は崩壊するのではという見方もあるようです。

意外な所で体制の甘さを見せる韓国

経済政策で有効打を見つけられずにいる韓国。意外なところでもずさんな管理が問題となっています。

先日、一昨年韓国旅行に出かけた日本人男性が現地で詐欺の疑いをかけられて、身柄を拘束され70万ウォン(約7万円)の罰金を支払わされていた事件が明るみにでました。容疑はソウル市内の地下鉄駅で落とし物の財布をこの男性がだまし取ったというものです。男性が否認すると、警察官が見せた防犯カメラには、この男性が横領した決定的な写真だけはなかったということです。男性は一晩留置され翌日容疑否認のまま取り調べは終了し釈放されました。

しかし、その一年後に男性が再び韓国を訪れた際、入国管理局で身柄を拘束されてしまいました。男性は詐欺罪で起訴されており、同年2月に本人に知らされぬままソウル地裁が罰金70万ウォンの略式命令を出していたというのです。実際には男性にはこの命令が知らされておらず、検察に抗議するものの「日本の住所がわからなかった(から知らせられなかった)」との答え。「でもおかしいですね、パスポートに書いてあったのに」と男性は述べています。「罰金を支払わないと出国させない」と言われて、男性は結局泣き寝入りする形で支払ったそうです。

日本人をターゲットにした国家ぐるみの嫌がらせなのか単なる誤認逮捕なのかは不明ですが、不気味な監視体制とアバウトすぎる捜査であることは間違いないようです。こんな体制なら経済だけでなく国そのものが崩壊しかねないと心配になりました。(セミヂカ編集部)

 

Like all girls her age
quick weight lossWeb Host Nexcess Expands Options for Enterprise Magento Hosting

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

いま押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすく、セミヂカらしく。政治を身近に感じてもらえるように発信していきます!