HOME >Domestic>安倍首相 最近のASEAN重視と中韓はずしのワケ

安倍首相 最近のASEAN重視と中韓はずしのワケ

2013/12/17 | Domestic, Overseas

asean

韓国を訪問していない安倍首相

日本の首相は就任後には隣国である、韓国にまず「ご挨拶」に行くことが通例ですが、安倍首相は韓国を訪れていませんし、その予定も現在のところありません。

安倍首相がASEAN全10カ国を1年で回ったわけ

首相就任から、わずか1年足らずで、安倍首相がASEAN全10カ国を訪問しました。これにはふたつの目的があります。ひとつは、海外市場開拓。そしてもうひとつ、それは中国の軍事的脅威を牽制するために、ASEAN各国と共に、中国包囲網を構築することです。こういったことから安倍首相は東南アジア重視を打ち出しています。そしてこれは「韓国外し」をアピールすることでもあります。

日中関係はかつてないほど危険なレベル

中国が突然、設定した識別防空圏などは、きわめて挑発的であり緊張を高めて、いつ日本との衝突が、偶発的であれ故意であれ生じてもおかしくないものです。米軍が爆撃機を事前通告なしで識別防空圏内を飛行させたのは、危険な賭けでしたが、結果的には中国への抑止力になりました。しかし、もしここで中国側が戦闘機のスクランブルをかけていたら、戦闘になっていた可能性も極めて高かったでしょう。

「韓国外し」は政治的に国益に叶う

「韓国外し」は、政治的に国益に充分叶っています。古くは歴史教科書問題、従軍慰安婦問題で、ある意味韓国に日本は振り回されました。現在も竹島や靖国神社参拝の問題を抱えています。だからこそ毅然とした態度で「韓国外し」をすることに意味があります。「あんまり日本に無礼なことしていると、韓国をスルーして、東南アジアと関係を深めるからね」という意思表示になりますから。ただし、経済の面から考えていくと、金額ベースで日本にとって韓国は第3位の貿易相手国なので、あまり得策ではないかもしれません。そういう意味でも、安倍首相は、韓国に代わるものとして東南アジアを重視しているのでしょう。(セミヂカ編集部)

 

but the larger lures in black
snooki weight lossGrand Rapids Styles and Trends

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

いま押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすく、セミヂカらしく。政治を身近に感じてもらえるように発信していきます!