HOME >Domestic>政治資金はまともに監査されていたのか

政治資金はまともに監査されていたのか

2013/11/27 | Domestic

PHM01_0073

監査人と政治団体が癒着か

大学の入試試験の教室の中には必ず、受験生が不正をしないように試験監督(する人)がいた。たとえばその試験監督が、受験生の一人から、「お礼の気持ち」としてお金を貰っていたとする。そんなことがあり、その受験生が合格 していたら、これは不正が行われていたんじゃないかと疑われても仕方がない。

これを受験生ではなく会社や団体に置き換えると、監督する人というのは監査人となる。
東京都選挙管理委員会が2012年分の政治資金収支報告書を公表したが、自民党国会議員4人の政治団体が、政治資金の収支について監査を依頼した人から寄付を受けていたことが分かった。

政治家にモラルはあるのか

法的には、監査人が監査した政治団体への寄付は禁止されているわけではない。 しかし、監査とは、その団体の第三者である監査人が全体として重要な虚偽表示がないということを確認するため作業。 だから寄付をした支援者が監査人というのはチェックが本当に厳正なものか、疑念が生まれてもおかしくないだろう。

政治団体には政党交付金という税金が納められるので、監査は、民間以上に厳しく行われるべきである。もしザルのような監査が行われたとしたら、私たちの税金が無駄になったということになる。 法的に違法ではないとしても、監査人から寄付をもらうような国会議員(政治団体)は、あまり信用できない。

この4団体をちょっと調べたらスクープがありそうだ。
(文:セミヂカ編集部)

 

Screen idols greatly influenced fashion in the 1930s
quick weight lossWhat to wear when attending an outdoor wedding

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

いま押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすく、セミヂカらしく。政治を身近に感じてもらえるように発信していきます!