HOME >Questionnaire>【猪木・山本氏の失敗を見て・・・】 大学生がこれから持つべき政治への視点

【猪木・山本氏の失敗を見て・・・】 大学生がこれから持つべき政治への視点

2013/11/13 | Questionnaire

–k’©‘N‚֏o”­‚·‚é’––ØŽQ‰@‹cˆõ

国会議員がルールを守らないなんて話しにならない

ルールを無視した行動をとって、
その後に「大変申し訳なく思っている」と言っても、
あまり人から信用されないんじゃないかと思うのだが、どうだろうか。

 

それが学生仲間だったら、「まあ仕方ない」で済むかもしれない。

しかし、これが国会議員だとしたら話しは違ってくる。

今回、まさにそんな行動を起こしたのが、アントニオ猪木議員だ。

 

彼は元々プロレスラーで、引退後政治家に転身するも1995年に落選し、
その後は実業家として活動していた。

そして、今年7月の参議院選挙へ日本維新の会から出馬して当選した。

 

その猪木議員が、参議院が渡航不許可の通知を出したにも関わらず、
それを無視して北朝鮮に渡航した。全く理解ができない行動だ。

どうしても行きたければ、議員辞職をしてから行くのが筋だろう。

国民に対してあまりに不誠実な行動と言動

大体、何をするために北朝鮮に行ったのかよくわからないし、
北朝鮮の要人と会って話した内容もよく判らない。

帰国後の記者会見でも曖昧なことばかり言って、何を話してきたのかは全く要領を得ない。

 

これはとっても国民を馬鹿にしていることだ。
こんなことでは議員辞職を勧告されても仕方ないと思う。
だって、そうしないとこんなデタラメが今後通用してしまうかもしれないからだ。

 

また、猪木議員の今回の問題について、
マスコミもあまり取り上げないのがとても不思議だ。

山本太郎議員の天皇陛下に手紙を渡した問題に関しては、
あれだけ熱心に取り上げているのに、何か違和感を感じる。

 

悪質さというレベルでいえば、間違いなくこの北朝鮮行きの問題のほうが重いのに。

それに加えて、維新の会の橋下代表も、いつもの元気はどこへやら、
猪木議員の今回の行動にはあまり触れないのはどうしてだろう。

 

情報を選別し自分の意見を持たなくてはならない

猪木議員はルールを守らなかったことを厳正に反省し、処罰を受けると話しているが、
今更何を言っているのだろうか。

参議院は、戦前は貴族院と呼ばれ、教科書には「良識の府」と書かれているが、
猪木議員といい山本議員といい、今のレベルはあまりに低すぎて、
どこに「良識」があるのかという感じだ。

 

だからと言って「まあ、政治の世界の事だから、自分には関係ないや」と考えるのは危険だ。

 

猪木議員の北朝鮮行きが、
国益を損なうような重大な問題を含んでいる可能性だってあるし、
もしそうならば私たちの日々の生活の脅威になることも充分に考えられる。

 

例えば、消費税増税というような話しなら、
私たちの生活にダイレクトに関係してくる事はわかりやすいが、
今回の猪木議員の行動もそれと同じくらいの問題であることを、
私たちは意識しなくてはならない。

 

だからこそ、マスコミの報道を鵜呑みにするのではなく、
情報を選別し自分自身の意見をきちんと持つことが重要になってくるのだ。
(文:セミヂカ編集部)

 

are you wear a knit bring to a job interview
snooki weight loss6 Guilt Free Lingerie Gifts

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

The following two tabs change content below.
セミヂカ編集部

セミヂカ編集部

いま押さえておきたい「政治」や「時事」など、さまざまな情報をわかりやすく、セミヂカらしく。政治を身近に感じてもらえるように発信していきます!